三之瀬御本陣芸術文化館さんのせごほんじんげいじゅつぶんかかん(須田国太郎常設展示館)


三之瀬御本陣芸術文化館は、独立美術協会の重鎮として活躍した須田国太郎の作品を中心に、日本近現代の芸術家の作品を展示しています。
また建物は、江戸時代に対馬藩一行など多くの要人が宿泊所として使用した歴史と趣きのある「本陣」の外観を復元したものです。



展示案内

特別展 生誕130年 没後60年を越えて
「須田国太郎の芸術-三つのまなざし-」

2024年5月1日(水)~ 6月24日(月)

  チラシ(おもてうら

第1会場 三之瀬御本陣芸術文化館

「概要」
 洋画家の須田国太郎(1891~1961)は「東西の絵画の綜合」という壮大なテーマを掲げ、日本の精神文化に根差した日本独自の油彩画のありかたを追求し、近代絵画史に偉大な足跡を遺しました。

 京都に生まれ、幼少時代から絵画に親しんだ須田は「東洋と西洋では、なぜ絵画が異なる方向で発展を遂げたのか?」という疑問を解明するために、京都帝国大学及び同大学院で美学・美術史を学びました。 大学院に在籍中には「絵画の理論と技巧」を研究テーマとし、同時に関西美術院において、デッサンを学んでいます。

 1919年に28歳で渡欧し、スペインのマドリッドを拠点にヨーロッパ各地を訪れ、ヴェネツィア派の色彩理論やバロック絵画の明暗法など西洋絵画の底流をなすリアリズムの表現に関心を持ち、探求しました。1923年に帰国して、日本独自の油彩画を生み出そうと制作に励み、1932年41歳の時に初個展を開催しました。これを契機として、ヨーロッパ留学中に交流のあった里見勝蔵や川口軌外の誘いにより、1934年に独立美術協会会員となりました。これ以後須田は、同協会展を中心の舞台とし、意欲作を発表していきます。骨太で生命感溢れる作品群には、会得した理論に裏付けられた風格さえ宿しています。

 今まであまり語られなかった須田国太郎の新たな側面をご覧いただき、さらなる魅力を知っていただけますと幸いです。



第1会場:三之瀬御本陣芸術文化館での展示

「画業の歩み」
 須田国太郎の初期から絶筆までの代表作品をとおして、画業の歩みを紹介します。
 また、須田がデザインに注目して蒐集した「グリコのおもちゃ」全715点も展示し、須田国太郎の意外な一面にも迫ります。


《エル・グレコ模写(復活)》1921年 油彩・画布 京都市美術館蔵


《水田》 1938年 油彩・画布 個人蔵


「真理へのまなざし」
 “黒の画家”とも呼ばれる須田。造形上の芸術的真理を追究し、バロック絵画のダイナミックな明暗表現も研究していた彼は、光と闇が宿る独特な空間表現を生み出しました。本章では黒を核とした代表的な「黒の絵画」を紹介します。
 また、美学・美術史の研究者としての一面を物語る自著の画論や講義ノート、少年期に友人とはじめた手製の同人雑誌『竹馬の友』など、文献類もあわせて展示します。


《海亀》 1940年 油彩・画布 京都国立近代美術館蔵


《自画像》 1914年頃 油彩・画布 京都市美術館蔵



《犬》 1950年 油彩・画布 東京国立近代美術館蔵



《法観寺塔婆》 1932年 油彩・画布 東京国立近代美術館













《椿》 1932年 油彩・画布 姫路市立美術館蔵


《めろんと西瓜》(絶筆)1961年 油彩・画布 京都市美術館蔵






《窪八幡》 1955年 油彩・画布 東京国立近代美術館蔵



《鵜》 1952年 油彩・画布 京都国立近代美術館蔵

《希臘藝術史概説Ⅱ》(美術史講義のための準備ノート) 1926年 個人蔵


須田国太郎が蒐集したグリコのおもちゃ 1949-1961年までの収集品


関連イベント

開会式

日  時 | 5月1日(水) 10時~(15分程度)

会  場 | 当館1階
       ※開会式へご参加の方は第1会場の入館料が無料となります。


作品解説

会場を巡りながら、木本文平氏(碧南市藤井達吉現代美術館 館長)による作品解説を行います。

日  時 | 5月1日(水) 開会式終了後 10時25分頃~

会  場 | 当館展示室

参 加 費  | 無料(ただし、会場入館料が必要)
       ※開会式へご参加の方は第1会場の入館料が無料となります。


講演会情報

お知らせ
※申込締切日変更:5/3まで先着順で受付、空きがあれば当日参加も可


ワークショップⅠ「鑑賞しながらクロスワードに挑戦!」


三之瀬御本陣芸術文化館と蘭島閣美術館を巡り、本展を鑑賞しながらクイズに挑戦!
正解者の中から、各館先着15名様(各日)に、グリコのおもちゃ(2000年以降のモデル)
をプレゼント。

日 時  | 5月25日(土)、26日(日)の2日間
       9時~16時

会 場  | 三之瀬御本陣芸術文化館、
       蘭島閣美術館

参加費  | 無料(ただし、各会場ごとに
       入館料が必要)

申込方法 | 各会場にて受付








         ※画像はイメージです。
         プレゼントは選べません。









ワークショップⅡ「Suda's Photo サコッシュ」


須田が滞欧期に撮影したいくつかの写真から好きなものを選び、アイロンプリントで
はりつけて、ノスタルジーなデザインのサコッシュに。

日 時  | 6月2日(日)~8日(土)
       9時~16時(6月4日(火)は除く)

会 場  | 三之瀬御本陣芸術文化館

参加費  | 500円/1個につき
       (別途、会場入館料が必要)

申込方法 | 会場にて受付。ただし、
       材料がなくなり次第終了。

来館の思い出に!

















ワークショップⅢ「扇子デコレーション」


無地の扇子に千代紙やペンを使って装飾し、オリジナルデザインの扇子に仕上げよう!

日 時  | 6月16日(日)/9時~16時

会 場  | 三之瀬御本陣芸術文化館

参加費  | 500円/1本につき
       (別途、会場入館料が必要)

申込方法 | 会場にて受付。ただし、
       材料がなくなり次第終了。

姫駕籠

姫駕籠 姫駕籠 姫駕籠
姫駕籠


美術作品の掲載には著作権保持者の承諾が必要です。掲載されている作品を無断で使用することはできません。