三之瀬御本陣芸術文化館さんのせごほんじんげいじゅつぶんかかん

三之瀬御本陣芸術文化館は、独立美術協会の重鎮として活躍した須田国太郎の作品、また1920年代からの日本美術の作家の作品を展示しています。 また建物は、江戸時代に対馬藩一行が宿泊所として使用した歴史と趣きのある「本陣」の外観を復元したものです。

展示案内

平成29年2月8日(水)~4月10日(月)

『画業を超えた絆 須田国太郎と小林和作』

『須田国太郎コレクション 動物画を中心に』


須田国太郎(1891-1961)と小林和作(1888-1974)はともに明治20年代に生まれ、日本的な油彩画をそれぞれ独自に確立した作家です。そして二人は昭和9年(1934年)同時に独立美術協会に入会して以来親交を深め、それは生涯にわたって続きました。また二人はここ瀬戸内地方との関わりが深く、須田国太郎は尾道に移住してきた小林和作や後援者を訪ねてたびたびこの地を訪れ、スケッチや作品をのこしました。小林和作は山口県出身ですが、独立美術協会入会と同時期に尾道へ移住し、以後亡くなるまでこの地を制作活動の拠点としました。
近代日本の洋画史に大きな足跡をのこした須田国太郎と小林和作の作品を紹介するとともに、本展をとおしてこの地方との関わりがあったことを知っていただければ幸いです。


ちらし(表)  ちらし(裏)

須田国太郎「月瀬平」

小林和作「尾道風景」


小林和作「瀬戸の海」






姫駕籠

姫駕籠 姫駕籠 姫駕籠
姫駕籠