蘭島閣美術館らんとうかくびじゅつかん

  蘭島閣美術館は、荘厳な佇まいの本格的木造建築の美術館です。日本の近代絵画を代表する作品や、郷土ゆかりの作家の作品などを展示しています。日本画、油彩画、版画、素描などを含めた約2,200点のコレクションの中から会期ごとに企画展示しています。








特別展講演会情報

特別展イベント情報



展示案内

「四季を彩る花々と風景」


 2024年3月6日(水)~4月22日(月)

  チラシ(おもてうら

 日本人は、昔から四季折々に変化する花々や風景など、移り変わっていく四季を愛でてきました。移り変わる自然は、四季ごとに開かれる祭りや風習などの文化や日常生活、そして芸術と深いつながりを持つものです。こうした日本人の美意識は、絵画や工芸の重要なテーマとなり、多彩で豊かな表現の作品を生み出しました。また花は特に人気のあるテーマの一つとして、現代まで作家たちはたくさんの花の絵を描いてきました。なかでも、日本を象徴する花として代表的な桜は、開花から落花までの短い一生に、様々な想いが重ねられ、今日まで人々を魅了しています。
 本展では、現代日本画壇で桜の名手として知られる中島千波や、吉野の桜を描いた吉田善彦、桜を愛でる女性像を描いた島成園の美人図など、花と人を表現した作品も紹介します。また桜とともに日本人に親しまれてきた牡丹を描いた、日本画家の松林桂月や松尾敏男、加山又造などの作品や、堅山南風の花の素描、洋画では、春を待つ古民家を描いた向井潤吉や、古梅を描いた武永槙雄などもあわせて展示します。
 画家の眼を通して、描かれた花々と四季がつくりだす様々な情景をお楽しみください。









中島千波 「清風枝垂櫻」



美術作品の掲載には著作権保持者の承諾が必要です。掲載されている作品を無断で使用することはできません。