~夢のかけはし~蘭島閣らんとうかくギャラリーコンサート

5月18日蘭島閣ギャラリーコンサートでの
「講演会」中止のお知らせ


一部広報等でお知らせしておりました
サントリーホールアソシエイト 原武様による講演会は、取りやめとなりました。
恐れ入りますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

日時

2019年5月18日(土)開演18:30(開場18:00)

出演

堀了介(チェロ)、堀沙也香(チェロ)、吉田友昭(ピアノ)
※満席の場合は、ご入場いただけない場合がございます。

プログラム

カサド 親愛なる言葉
サン・サーンス 白鳥
ヴィラ・ロボス 黒鳥の歌
ポッパー ハンガリア ラプソディ
シューマン 5つの民謡風小品
・・・・・休憩・・・・・
ショパン スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
リスト ハンガリー狂詩曲第2番
グリム アダージョ
カッチーニ アヴェ マリア
ショスタコビチ 5つの小品



出演者プロフィール

堀了介(チェロ)

 8歳よりチェロを始める、斎藤秀雄に師事。1967年、桐朋学園大学オーケストラ研究生の時に第36回日本音楽コンクール第1位入賞。翌年読売交響楽団に入団。1969年、ウィーン・コンセルバトリュームに入学、N・ヒューブナーに師事。最優秀賞を得て卒業後、ジュネーヴにてP・フルニエに師事しさらに研鑽を積む。その間ウィーン[ムジークフェライン・ブラームス・ザール]においてリサイタルを開くなど、演奏活動を始める。帰国後、NHK交響楽団に入団、1979年に退団するまで首席奏者を務めた。これまでに国内数多くの主要オーケストラと共演。また室内楽奏者としても、国内の音楽祭始め、国外においてもザルツブルク、プラハ、フランス国内の音楽祭に出演。

ドガレイユ・クァルテットのメンバーとしてサン・サーンス:弦楽四重奏曲第1番を世界初レコーディングした。2005年、久保陽子トリオを結成。2008年、浜離宮朝日ホール企画による、久保陽子トリオ・ベートーヴェン全曲演奏会を開く。2011年より隔年で中国より招聘され、大連・北京・瀋陽にて演奏会及び講習会を開く。
 2015年まで東京音楽大学付属高等学校、同大学・大学院教授及び副学長として後進の指導に当たる。東京音楽大学客員教授。日本チェロ協会副会長。ソロや室内楽、水戸室内管弦楽団メンバーとしても広く演奏活動を行っている。
 娘・堀沙也香とデュオCD「花のワルツ」と 「アヴェ マリア」をリリース。


堀沙也香(チェロ)

 7歳よりチェロを始める。松波恵子、岩崎洸両氏に師事。
 東京音楽大学付属高等学校、同大学を卒業。在学中7年間、特待生奨学金を受ける。
 第76回読売新人演奏会に出演。その後、桐朋学園大学院大学にてさらに研鑽を積む。在学中、秋山和慶指揮・桐朋アカデミーオーケストラとコンチェルトを共演。
 NHK-FMリサイタル、毎日新聞主催小児ガン制圧チャリティーコンサート、JTが育てるアンサンブルシリーズ、山陽放送チャリティーコンサートをはじめ、数々の演奏会に出演。
 倉敷音楽祭、沖縄国際音楽祭、イタリアに於けるシュラーン国際音楽祭、京都国際音楽学生フェスティバル、別府アルゲリッチ音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパンなどにも参加している。
 2013年、父・堀了介と初のデュオCD『花のワルツ』をリリース。



吉田友昭(ピアノ)

 札幌市生まれ、ヤマハ音楽教室にてピアノを始める。東京芸術大学を経て20歳時にヨーロッパへ移住。パリ国立高等音楽院を一等賞の成績で卒業した後、イタリア・ローマ聖チェチーリア音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学を修了。
 第79回日本音楽コンクール第1位、マリア・カラス、ホセ・イトゥルビ、マリア・カナルス、ハエン、シドニー他の国際コンクールで優勝・入賞。

これまでにスペイン、イタリア、オランダ、ドイツにて演奏ツアーを行う。バルセロナ・カタルーニャ音楽堂、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ミュンヘン・ガスタイク文化センター、バレンシア音楽堂、パリ・プティパレ、ブラスティラバ・フィルハーモニー等で演奏。国内では横浜市招待国際ピアノ演奏会に出演。
 フランスに5年間、イタリアに4年間、オーストリアに3年間居住した後、2015年に日本に帰国。現在、東京音楽大学にて講師を務める。「作曲家と楽器が喜ぶ演奏・生徒の自立」を指導目標として初年度より国内外のコンクールに門下生を優勝・入賞させている。趣味は歌舞伎鑑賞と映画鑑賞に美術館巡り。



年間スケジュール

2019年度~夢のかけはし~蘭島閣ギャラリーコンサートの年間スケジュールはこちらをご参照ください。