朝鮮通信使資料館<御馳走一番館>と隣接し、美しい三之瀬瀬戸に面した建物で、山口県上関町の旧家「吉田邸」を移築したものです。 吉田氏は藩政時代に毛利氏に仕えて「大庄屋」の地位を与えられ、両替商、造り酒屋、醤油・植物油の製造や鰯漁の網元まで手広く商いをしていた家です。 瀬戸内独特の平入り入母屋型本瓦葺屋根の古い土蔵造り建築で、土戸・古い建具が現存しています。車箪笥等、江戸時代を偲ばせる古い家具や生活用品を展示しています。 邸内には世界の珍しい灯火器のコレクションを展示してあり、紀元前のテラコッタランプや石ランプ等の西洋ランプからなつかしい日本の古い灯火器までを年代順にわかりやすく配列してあります。