~夢のかけはし~蘭島閣らんとうかくギャラリーコンサート

日時

2018年3月17日(土)開演18:30(開場18:00)

出演:

南 紫音(ヴァイオリン)  大野 奈津美(ピアノ)
※満席の場合は、ご入場いただけない場合がございます。


プログラム

ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」
クライスラー 美しきロスマリン
ウィーン奇想曲
プレリュードとアレグロ
~休憩~
R.シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ
ラヴェル ツィガーヌ
~アンコール~
ブラームス ドイツ歌曲より「メロディーのような」
メンデルスゾーン 春の歌


出演者プロフィール

南 紫音(ヴァイオリン)

南紫音は、2005年ロン=ティボー国際音楽コンクールにおいて第2位を受賞、2015年には、難関で知られるハノーファー国際ヴァイオリン・コンクールで第2位を受賞し、最も期待されている若手実力派ヴァイオリニストの一人である。
1989年北九州市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始める。これまでに篠崎永育、篠崎美樹、西和田ゆう、原田幸一郎の各氏に師事。現在、ドイツのハノーファーに在住し、クシシトフ・ヴェグジンに師事。


© Shuichi Tsunoda

2000年、第54回全日本学生音楽コンクール福岡大会小学校の部第1位。同年、第10回日本クラシック音楽コンクール全国大会小学校の部第2位(1位なし)。2002年、第56回全日本学生音楽コンクール福岡大会中学校の部第1位。2004年イタリア・ナポリで行われた第13回アルベルト・クルチ国際ヴァイオリン・コンクールで15歳にして優勝。2005年イタリア・デビューを果たす。同年10月、ロン=ティボー国際音楽コンクール第2位を受賞すると共に、リサイタルで最も優秀な演奏をした者に贈られる「サセム賞」も受賞した。2015年には、世界でも難関で知られるハノーファー国際ヴァイオリン・コンクールにおいて第2位を受賞した。
これまでに国内主要オーケストラをはじめ、フランス国立管弦楽団、リール国立管弦楽団、サンカルロ歌劇場管弦楽団、ミラノ・スカラ座室内合奏団とも協演、スペイン・ビルバオ交響楽団との日本ツアーも好評を博した。
2011年12月、クラシック音楽界初の公式アプリ「南紫音のヴァイオリンへの扉」の無料配信もスタートし話題を集めた。
CD録音も積極的に行い、2008年3月にユニバーサルミュージックの新レーベル「UCJジャパン」の第一弾アーティストとしてCDデビューも果たし、これまでに3枚のCDをリリースしている。
2005年北九州市民文化奨励賞、2006年福岡県文化賞受賞。2010年第11回ホテルオークラ賞受賞。2011年第21回出光音楽賞受賞。2017年北九州市民文化賞受賞。






大野 奈津美(ピアノ)

東京音楽大学奨学金を得て鷲見加寿子、野島稔に学んだのち、ハノーファー音楽演劇メディア大学にてベルント・ゲッツケに師事し、ディプロムとソリストディプロムを取得。
スルモナ国際ピアノコンクール第2位、トリエステ国際室内楽コンクール第2位及び聴衆賞。 同時にユストゥス・ツァイエンに歌曲伴奏を学び、管楽器のコレペティを経て、現在はハノーファー音楽演劇メディア大学ヴァイオリン科常勤伴奏講師。

近年は室内楽奏者として、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、ブラウンシュヴァイク、リンダウを始めとするドイツ各地の音楽祭、オランダ、スイス、オーストリア、フランス、イタリア、ポーランド、サンマリノ共和国などでのコンサートや講習会に招待され、シンガポール国際ヴァイオリンコンクール、2012年からはハノーファー国際ヴァイオリンコンクールの公式伴奏者を務めている。



年間スケジュール

平成29年度 ~夢のかけはし~蘭島閣ギャラリーコンサートの年間スケジュールはこちらをご参照ください。