蘭島閣らんとうかくギャラリーコンサート

日時

2017年6月17日(土)開演18:30(開場18:00)

出演:

福田 進一(ギター)
※満席の場合は、ご入場いただけない場合がございます。

プログラム

J.S.バッハ
(福田進一編)
3つのプレリュード
(無伴奏チェロ組曲 第1、3、6番より)
J.S.バッハ
(福田進一編)
プレリュード~サラバンド~ジーグ
(パルティータ ハ短調 BWV997 より)
F.ソル モーツァルト「魔笛」の主題による変奏曲 Op.9
F.タレガ アルハンブラの思い出
~ 休憩 ~
M.M.ポンセ エストレリータ~ワルツ
A.バリオス 4つの小品
(大聖堂~フリア・フロリダ(舟歌)~追憶のショーロ)
H.ヴィラ=ロボス 5つの前奏曲 第5番「社交界への賛歌」~ガヴォット・ショーロ(ブラジル民謡組曲より)
A.ピアソラ
(S.アサド編)
ブエノスアイレスの冬
~ アンコール ~
H.ヴィラ=ロボス 5つの前奏曲 第1番
ルイ・アームストロング
(鈴木大介/編)
この素晴らしき世界


出演者プロフィール

福田 進一(ギター)

大阪生まれ。11歳よりギターを始める。1977年に渡欧、パリ・エコールノルマル音楽院を首席で卒業。イタリア・キジアーナ音楽院にてオスカー・ギリアに師事。81年パリ国際ギターコンクールで優勝。8年間のパリ留学を経て帰国。以後35年、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協演、超一流ソリストとの共演など、国際的な演奏活動を続けている。既に世界数十カ国の主要都市でリサイタルを行い、バロックや19世紀ギター音楽の再発見から現代作品まで、幅広いレパートリーと、ボーダーレスな音楽への姿勢は世界の音楽ファンを魅了している。近年では、バッハ「チェロ組曲全曲演奏会」や「リュート組曲全曲演奏会」など、新たな挑戦を続けている。
ディスコグラフィーは、既に80タイトルを超える。
スペイン音楽第2集「セビリア風幻想曲」が平成15年度第58回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。


©Takanori Ishii

2014年より、NAXOSレコードより「日本のギター作品集」シリーズをワールドワイドでスタート。11年よりバッハ・シリーズを始動。チェロ組曲やヴァイオリンパルティータ等を自身により編曲し、全集の録音を目指している。
16年は、芥川賞受賞者平野啓一郎の小説とのタイアップCD「マチネの終わりに」(日本コロムビア)、「日本のギター作品集第3集」(NAXOS)など5タイトルがリリースされた。
17年7月14日には前ウィーン・フィルコンサートマスターのライナー・キュッヒル氏とのデュオ曲を収録した「Duo Concertante」がリリースされる。
教育活動にも力を注ぎ、その門下から鈴木大介、村治佳織、大萩康司ら、ギター界の実力派スターたちを輩出。それに続く若手たちにも強い影響を与えている。
平成19年度外務大臣表彰受賞。平成23年度 第62回芸術選奨文部科学大臣賞をギタリストとして初めて受賞。
上海音楽院、大阪音楽大学、広島エリザベト音楽大学、昭和音楽大学客員教授。








年間スケジュール

平成29年度蘭島閣ギャラリーコンサートの年間スケジュールはこちらをご参照ください。